えかきのこころ


by macaron-framboise
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ひとりひとり

なかまだけど

ひとりひとり


ひとりひとりだけど

なかま


ひとりとひとりのあつまり

c0176338_1917299.jpg

[PR]
by macaron-framboise | 2012-10-31 19:18 | potsu World

ふじのみや

c0176338_18492462.jpg


だいすきなおじいちゃんのお墓から見た富士宮市。

富士山の目の前目で育ったし、ここには何度も来てるから、
見なくたって描ける!って思って始めたものの、
案外分からないことだらけだったよ。

帰ったときに改めて、おじいちゃんのとこから見たら
富士山の山肌や町の光にいろんな色が見えた。

それで、なんだか前よりもまた、愛おしく感じたよ。
[PR]
by macaron-framboise | 2012-10-26 18:32 | potsu Life

ひっぱりっこ

こころのなかの
ひっぱりっこ

c0176338_2213329.jpg

[PR]
by macaron-framboise | 2012-10-25 22:14 | potsu World
c0176338_18401473.jpg



心身共に少し落ち込んだ状態だったからかな、
描けば描くほど、普段とは全然タッチが違って
自分でもこわかった。


こんなの自分の絵じゃない。。。

と思ってお蔵入りにしようとしたのだけど。。。


確かにのんちゃんのイメージじゃないけど、
こういう裏表があるから本物なんだよ。
この闇があってこそ、明るい絵だって堂々と前に進んでいくんだよ。
自分の中から湧き出るものに嘘ついちゃだめ。
この絵も大切にしてあげなきゃ。

って、強くてあたたかい言葉をもらった。



それでもこの真っ黒の絵を見たらモヤっとしたけど、
でも、見れば見るほど愛おしく思えてきた。


これは正真正銘、私の描いた絵。
私の心と体の奥底から出てきた感情だよ。

大切にするよ。



ありがとう。
[PR]
by macaron-framboise | 2012-10-25 18:30 | potsu Life

小さな絵画展

小さな絵画展に向けて
大滝さんのデザイン事務所で打ち合わせ。
二人で小さな絵本(詩画集)を作ることになりました。

ほとんど耳の聞こえない大滝さんの言葉は、絵なんて必要ないくらいキレイだった。。。(;_;)

そのあと久しぶりに大好きな三保で読書。
大滝さんにもらったちぃちぃもち(?笑)を食べながら。


一昨年までは月に一度はこうしてここで本を読んでたのに、いつの間にかそんな時間なくなってきちゃって。。。
でも、こういう時間は大切だね。


デザイナーでありながら、竹と流木のアーティストでもある大滝さんのテーマは『自然の恵み』。
メッセージは『環境保全』。

大滝さんの言葉を汚さないように、私もゆっくり海を歩いてみようと思うよ。



c0176338_18452096.jpg

[PR]
by macaron-framboise | 2012-10-22 16:44 | event

展示のお知らせ3

こんどの展示はあおいちゃんと二人で行います016.gif
aoi….. http://www7.ocn.ne.jp/~mizuiro/index.html

あおいちゃんは保育者としてもアーティストとしても一緒に活動している相棒です。
あおいちゃんの絵には私にないものが片っぱしから揃っていて、優しくてまぁるくてゆるくて、幸せな絵ばかりです。
だから勿論見たら必ずこころがふわっと幸せになります。
ずっと「ふたり展」を夢見ていましたが、ようやくそれが実現されます。


そしてなんとその会場は大好きなBAR『roots&fruit』です。
あおいちゃんと私にとってはもはやアイドル的なマスターの居るお店(*゚д゚*)
自然の事、知り尽くしてて本当にカッコイイ!
マスターの作り出す空間とおいしいお酒、おいしいおつまみは最高です。
自分だけの場所にしたいような、でもみんなに教えたいような、温かい場所です。
是非展示と合わせて『roots&fruit』を楽しんで行ってください。そしてみなさんにとってもそんな場所になったらいいなって思います(*´∪`*)

テーマはかえるです。
『roots&fruit』での展示が決まってすぐにこれしかない!と決めたテーマです。

あおいちゃんと私の絵は全然ちがうけど、でも気持ちは一緒です。
かえる好きの人もかえるが苦手な人も、是非来ていただきたいです。
かえるたちと一緒に、時々私たちが待っています。


『ふたりのかえる展』@富士宮


☆日時☆
10/22(mon)~11/10(sat)


☆場所☆
BAR『roots&fruit』

http://roots-fruits.jp/bar.html
静岡県富士宮市西町6-10
0544-22-3454
Open…..20:00~24:00
Close…..10/27.28・11/3.4
※普段は日曜定休です

c0176338_2342260.jpg

[PR]
by macaron-framboise | 2012-10-19 23:05 | event

おはなし絵本展

おはなし絵本展
本当に楽しかったです。

今回はアーティストのたまり場「にじ画廊」
場所も最高で、1日に一体何人来てるのってくらい、平日も沢山の人が来てくれました。
その中から知ってる顔がひょっこり現れるたびにホッとして、本当に嬉しかったです!(>_<)
足を運んでくださった方々、本当にありがとうございました。

一緒に展示した方々の作品は本当に面白い絵本ばかり!
ここには『こういうの!子どもたちに見せたい!』って思う絵本が沢山あるのに、
書店に並ぶ最近の絵本は、教訓じみてたり画集的だったり(勿論そればかりではないけど)…
だったらここにある絵本たちを!と思うけど世の中はどんどん変わってって。。。
なんだか寂しいですね。

展示に来てくれた親戚の子に『なんの絵本が一番好き?』って聞いたら、真っ先に『ぐりとぐら』って。

同感(;_;)

ぐりとぐらみたく、温かくてまっすぐでワクワクする絵本がいい。
もしくは、子どもの頭の中がそのまんま描かれてるような、ただただ楽しい絵本がいい。

この間の
大学の絵本の講義では、
絵本研究家が
『絵本とは芸術と文学の融合だ』とか『絵本は子どものためだけのものではない』なんて言ってたけど、
私はやっぱり絵本はいつまでも子どものために在ってほしいと思う。
もし大人のための絵本があるなら、それは絵本と呼ばずに違うジャンルに位置付けてほしいな。
そんなジャンルがあれば、それはそれで素晴らしいと思うし。。。

なんて、全部勝手な意見ですが(;´Д`)

とにかく今回の展示は本当に勉強になりました。
この絵本展の空間が楽しければ楽しいほど、
私はまだまだダメだなぁ。。。なんて思うけど、
そんな風に周りと自分を比べてるのは私だけで、
みんなは自分の作品に自信を持ってるんだ。

まず、絵でも絵本でも、自分で満足のいく作品を生み出したい!
[PR]
by macaron-framboise | 2012-10-10 07:56 | event